独自ドメインの取得

独自ドメインとは

独自ドメインとは、URL(例:http://yahoo.com/)の「yahoo.com」にあたる部分で、インターネット上の住所に相当するものです。任意の文字列に「.com」「.net」「.jp」などを付けたものが独自ドメインです。

○○○.comや○○○.net、○○○.co.jpなどの「com」や「net」の部分をトップレベルドメイン(TLD、第一レベルドメイン)といい、○○○の部分をセカンドレベルドメイン(SLD、第二レベルドメイン)といいます。
(「co.jp」などの場合は「jp」がTLD、「co」がSLD、○○○は第三レベルドメインとなります)
独自ドメインの取得は先着順で、すでに使われているものを取得することはできません。

なぜ独自ドメインを使うのか

レンタルサーバーを契約するとサーバーのサブドメインを使えるのが一般的で、独自ドメインを取得しなくてもサイトの運営は可能ですが、独自ドメインの方が好きな文字列を使える・ドメイン名を短くできる・独自性が高まるなどのメリットがあり、長期的に見れば最初から独自ドメインで製作する方が得策でしょう。

ドメイン取得のしかた

ドメインはレジストラという業者を通して取得します。日本で最大手のレジストラはGMOという会社で、お名前.comというサービスがよく知られています。

独自ドメインの費用は1年ごとにかかり、契約時に1年分を払います。複数年分をまとめて払うと割引になることもあります。
ドメインは安いもので初年度数十円からあり、2年目以降の更新は1,000円前後~数千円が一般的です。

私がお勧めするのはムームードメインというサービスで、変な名前ですがGMO系の会社です。本家のお名前.comよりこちらをお勧めするのには理由があります。

独自ドメインを取得すると、ドメインの所有者の情報がネットで検索できるように登録されます。つまり通常の状態だと、○○○.comというサイトはどこの誰のもの、ということが簡単に調べられます。そのドメインの持ち主の名前、住所などがすぐにわかってしまいます。

これではあまりにもプライバシーがなさ過ぎるので、通常、所有者情報をそのレジストラの名前や住所で代理公開することができるようになっています。
そうしておけば個人情報が独自ドメインから漏れることはありません。
(「.jp」ドメインなど、ドメインによっては公開される登録者名は所有者本人でなければならず、住所や電話番号などは代理公開が認められるといった制限があるものもあります)

プライバシー保護のため代理公開は必須ですが、お名前.comは代理公開(Whois情報公開代行サービス)に費用がかかることがあり、ドメイン取得時の状況によっては毎年費用がかかります。

ムームードメインは同じGMO系の会社ですがそういった費用はかかりません(2017年6月1日時点)ので、こちらのほうがお勧めできます。

取得したドメインとサーバーを紐付けし、インターネットでアクセスできるようになるまで1~2時間程度かかります(最大72時間程度)。

コメント