レンタルサーバーの選び方

WordPressの設置にはレンタルサーバーが必要になります。
多くのレンタルサーバーには10~30日の試用期間がありますので、WordPressの製作を止める・他のサーバーを試したいなどの場合は、期限までに解約すれば料金はかかりません。

レンタルサーバーは1カ月100円程度で借りられるものもありますが、借りる前にチェックしておいたほうがいい点を以下に挙げておきます。

・ストレージがSSD
・ストレージの容量・メモリーのサイズ
・無料でSSL証明書が使える(サイトのURLが https~ になる)
・WordPressの自動インストール
・HTTP/2(表示の高速化)
・契約プランの変更がサーバーの引っ越しを伴わない

mixhost

mixhostはハイスペックなサーバーのわりに比較的価格も安く、気軽に始められます。
一般的なレンタルサーバーは初期費用が1,000~3,000円くらいかかったりしますが、mixhostは初期費用がないのも魅力的。

創業1年(2017年6月現在)の新興レンタルサーバーなので長期的な信頼性が未知数という面はありますが、低価格のわりに機能が充実しているという点では他社より勝る点が多くあります。

ストレージがハードディスクではなく高速なSSDを採用していること、SSLが無料で使えること、世界的に人気のcPanelというコントロールパネルを採用していること、一般的に使われるApache(Webサーバを動かすソフトウェア)ではなく、Apache完全互換で数倍高速なLiteSpeedというソフトウェアを使っていること、次世代プロトコルのHTTP/2に完全対応していることなど、非常に魅力的です。
試用期間も一ヶ月あります。

当サイトはmixhostを使っていますので、当講座はmixhostを例にして使い方の説明しています。

エックスサーバー

2003年創業で歴史も長く、個人でWordPressのブログを開設している人に一番人気のあるサーバーかもしれません。

エックスサーバーと同じ会社で提供しているwpXレンタルサーバーというWordPressに特化したサービスもあります。

さくらインターネット

1996年創業の日本のレンタルサーバーで草分けの会社のひとつ。
老舗で安心感があり、ここのデータセンターを使っているレンタルサーバーの会社もあります。
読みやすく美しいモリサワフォントが無料で使えます。

さくらのレンタルサーバーはプランが5つに分かれており、最安の「ライト」プランはMySQL(データベース)が使えませんのでWordPressの運用はできません。従って「スタンダード」プラン以上を契約する必要があります。

 

サーバー比較

エックスサーバー mixhost さくらインターネット
※金額は税別 X10 X20 スタンダード プレミアム スタンダード プレミアム
初期費用 ¥3,000 ¥3,000 ¥0 ¥0 ¥953 ¥953
月額(1ヶ月契約) ¥477 ¥1,429
月額(3ヶ月契約) ¥1,200 ¥2,400 ¥1,380 ¥2,780
月額(6ヶ月契約) ¥1,100 ¥2,200 ¥1,180 ¥2,380
月額(12ヶ月契約) ¥1,000 ¥2,000 ¥980 ¥1,980 ¥429 ¥1,286
ストレージ容量 200GB 300GB 40GB 60GB 100GB 200GB
SSD × ×
CPU 仮想2コア 仮想3コア
メモリー 1GB 2GB
転送量制限(目安) 70GB/日 90GB/日 60GB/日 90GB/日 80GB/日 120GB/日
無料SSL × ×
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限 20 30
メールアカウント 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 50 70 無制限 無制限 20 50
SSH
WebDAV × × × ×
再販 原則禁止 原則禁止
無料電話サポート × ×
備考 36ヶ月契約有り 36ヶ月契約有り
サイト エックスサーバー MixHost さくらのレンタルサーバ

 作成日:2017/08/26

コメント